精力剤の亜鉛のイメージ
By: fdecomite

亜鉛は一般に精がつくと言われる食べ物、牛肉・レバー・牡蠣・ナッツ類などに共通して多く含まれる成分です。

亜鉛の精力アップ効果は折り紙つきで、世に出回る精力剤のたぐいには必ず添加されていると言っても過言ではないです。

亜鉛は人体組織のうち、精液・前立腺・腎臓・睾丸に多く含まれており、男性機能にいかに深く関わっているかは、体内での亜鉛の分布を見ても明らかです。

亜鉛は体内で多くの酵素の素になっていて、味覚障害・アトピーなどの皮膚障害・糖尿病・EDなどに深く関わっています。

 

亜鉛の効果

亜鉛は必須ミネラルの一つで、人体におよそ2000mg含まれていると言われています。

200種以上の酵素を構成し、酵素反応の活性化ホルモン合成タンパク合成免疫反応調節など多くの代謝に関わっています。

バランスの取れた食事をしっかりと摂っていれば不足することはありませんが、偏った食生活や需要の増加、排泄の増加などで不足します。

不足している人に亜鉛を補給することで次のような効果があります。

ED(勃起不全・勃起障害)の改善 ED(勃起不全・勃起障害)の改善
亜鉛は精液中に最も多く含まれ、男性機能に深く関わります。
亜鉛の不足によって精子の形成の低下前立腺機能の異常性ホルモン合成低下などを招きます。
亜鉛を補給することでこれらの異常を正常化し、男性機能を維持します
味覚異常の改善 味覚異常の改善
亜鉛は味覚を感じる舌の器官、味蕾の形成に関わっており、不足することでうまく味蕾が形成することができずに、味覚の異常をきたします。
亜鉛の補給で味覚を正常化し、おいしい食事を摂ることができるようサポートします。
抜け毛の防止 抜け毛の防止
亜鉛はDNA合成・タンパク合成に関わり、その作用は体じゅうで起きている細胞分裂を助けます。
毛根は細胞分裂が活発な部分で、亜鉛の補給がその働きをサポートします。

亜鉛の不足は他に、創傷治癒の遅れ・免疫機能低下・皮膚炎・食欲不振・貧血・精神障害などが起こると言われており、亜鉛の補給は、不足によって起こるそれらの症状を改善します。

 

摂り過ぎに注意

亜鉛がいくら精力アップに効果的だと言っても、必要以上に摂取したところでさらに効果が増えるわけではありません。

亜鉛の毒性は非常に低いものですが、過剰な摂取は急性の中毒を起こす可能性があります。

精力剤の亜鉛を摂り過ぎてめまいを起こす急性亜鉛中毒では、吐き気めまいが見られ、継続して過剰に摂取した場合は鉄や銅の吸収が阻害されて、免疫障害神経症状下痢などを起こします。

亜鉛の推奨摂取量は大人の男性で1日あたり10mgで上限は40mgとされています。

日本人男子の平均摂取量は8.8mgで、少し不足しているだけです。

気負ってあまりたくさん摂り過ぎないように注意しましょう。

管理人は行為をする前には必ず亜鉛を補給するようにしています、失う分は補わないとね。心なしかいつもよりギンギンになります。食べ物で摂るのは大変なので手軽なサプリメントを使っています。

極上亜鉛サプリ【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます