ファイザーロゴ

ED治療薬として世界で初めて開発されたPDE5阻害薬です。

バイアグラの名前とともにEDという言葉を知った方も多いのではないでしょうか。

管理人がはじめて使ったED薬はバイアグラだったのですが、その時の衝撃は今でも忘れません。

勃起力が回復するどころか、若い時の全盛期よりもカチカチギンギンに勃起したのですから。

パートナーの反応も今までにはないものになりました。

勃起力に関しては今でも他のED薬の追随を許しません。

 

バイアグラの特徴

バイアグラでEDを克服してベッドイン

EDの治療に革命を起こしたと言っても過言ではないバイアグラ。

日本では1999年3月に発売されました。

今では、すでに特許が切れていて、各社からジェネリックが発売されています。

勃起の硬さでは未だにナンバーワンの座を守っていますが、他のPDE5阻害薬に比べると副作用が出やすい傾向にあります。

 

管理人管理人

管理人も副作用の鼻づまりや動悸がでますが一時的なので、ここぞという時には今でも使っています。だって、あのギンギンになったムスコの硬さはすごいですから手放せません。

バイアグラの価格

日本では25mg50mgの錠剤が発売されています。

病院で処方してもらうとけっこう値が張ります。

安い病院でも25mgで1,000~1,300円、50mgで1,300~1,500円程します。

 

管理人管理人

管理人は個人輸入していて、1錠100円以下で済んでいます。
精力も勃起力も改善した今はセックス回数が増えたのでとても助かります。

効果発現と持続時間

服用後もっとも効果が出るのは約1時間後で、ベッドインの1時間前に服用するのが望ましいです。

効果は3~4時間続きます。しかし、1時間を越えてからは徐々に勃起力が低下していくのがあきらかなので、できるだけ服用1時間後に行為できるようにしたいところです。

 

服用時の注意として食後に服用すると吸収が遅れますので、空腹時に服用する必要があります。

うまくセックスのタイミングに合わせて、お腹が空っぽの状態で服用しなければいけないのが、バイアグラの最大の難点です。

 

管理人管理人

あくまでも管理人の実感ですが、シルデナフィルでガチガチのギンギンになる期間は案外短いです。
パートナーを今までないくらい逝かせたいならタイミングを合わせましょう。
ピークを過ぎると勃起力が落ちると言っても、他のPDE5阻害薬並には勃起しますけどね。

バイアグラで起こりうる副作用

副作用として頭痛・ほてり・動悸・鼻づまりがあり、他にまぶしい・物が青みがかって見えるなどの視覚異常が起こることがありますが、ほとんどが一過性のものです。

注意しないといけない副作用として、まれに持続勃起症(痛いくらいの勃起が4時間以上持続する)が起こることがあります。

もし起こった場合には早急に病院で処置を受ける必要があります。

バイアグラの禁忌(絶対に飲んではいけないケース)

他のPDE5阻害薬と同様に、狭心症や心不全でニトログリセリンなどの硝酸薬を服用している人は使用できません。

禁忌:狭心症や心不全の薬であるニトログリセリンなどの硝酸薬を服用中、あるいは重度の肝機能障害、低血圧、塩酸アミオダロンを服用中、網膜色素変性症、性行為そのものが不適当な心疾患や脳出血既往歴がある

バイアグラと食べ合わせがダメなもの

バイアグラと一緒に食べてはいけないグレープフルーツ

注意しないといけない食べ合わせとして、グレープフルーツがあります。

バイアグラと一緒に摂取するとグレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分が、バイアグラを分解する酵素であるチトクロームP450の働きを阻害します。

結果としてバイアグラの効果が強く出たりいつまでも続いたりして、持続勃起症を起こす恐れがあります。

ザクロジュースでも同時摂取により持続勃起症が起こったという事例があります。ザクロも注意した方がいいでしょう。

 

管理人管理人

管理人はあえて同時にザクロジュースを飲んでいたことがあります。幸い持続勃起症にはなりませんでした。
効果の程はガチガチになるんじゃないかという期待感からいつも以上に硬く勃起しましたが、慣れとともに効果が感じられなくなりましたので飲むのをやめてしまいました。
たまたま管理人は持続勃起症になりませんでしたが、あなたが真似をして大丈夫な保証はありません。やめておいたほうがいいでしょう。

必ず守らないといけない制限はありますが、バイアグラは注意を守れば基本的に安全な薬です。

シルデナフィルはレバチオ錠という製品名で肺高血圧症の治療薬として発売されていて、1日3回20mgの服用が認められていることから、長期の使用においても安全性をうかがい知ることができます。

バイアグラの新しい知見

まだ研究段階ですが、バイアグラは勃起を補助する以外に有用な効果があることがあきらかになってきています。

バイアグラを単発的に服用するのではなく定期的に服用することによって、体内の酸化ストレスを減らす効果(いわゆるアンチエイジング効果)や、定期服用前に比べてテストステロン値を高める効果のあることが報告されています。

バイアグラジェネリックの体験談はこちら
↓   ↓   ↓

バイアグラジェネリックをすぐに欲しい方はこちら

カマグラ(100mg)

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます