テストステロンのイメージ

男性ホルモン(アンドロジェン)にはテストステロン、ジハイドロテストステロンやアンドロステロンなどがあります。その中でもテストステロンは全体の95%を占める主要な男性ホルモンです。
男らしい外見である筋骨隆々の体を作ったり、毛むくじゃらの体毛を生やしたり、雄としての本能である性欲を高めたり、精子の形成を促すなど、男性にとって重要な役割を果たしています。

テストステロンの生成と分泌

テストステロンは睾丸(精巣)でコレステロールを原料に作られ、分泌されます。
他にも副腎という場所でジハイドロエピアンドロステロンという男性ホルモンも作られますが全体からするとごく一部です。

ホルモンの分泌は脳にある視床下部という司令部でコントロールされていて、そこから出るGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が脳の底面にある下垂体を刺激します。

刺激を受けた下垂体はLH(黄体刺激ホルモン)やFSH(卵胞刺激ホルモン)を分泌します。

分泌された両ホルモンは血液循環を介して精巣に届けられ、LHはテストステロンの分泌を促し、FSHは精子の形成を刺激します。

睾丸から放出されたテストステロンは血液にのって全身にいきわたり、身体とメンタル両方に様々な作用をもたらします。

視床下部や下垂体に達したテストステロンは、それらから分泌されるホルモン量の調節もします。
これをフィードバック作用といいます。

テストステロンの働き

テストステロンは脳や骨や筋肉において直接作用しますが、生殖器や毛根においてはDHT(ジハイドロテストステロン)に変換されて作用します。

身体への作用

  • 筋肉や骨格を発達させたり、体毛を濃くしたり、皮脂の分泌を高めて男臭くする。男らしい外見を形成することに関係する
  • 生殖器を成熟させ、精子の形成を促進して生殖能力を機能させる
  • 酸化ストレスを下げて細胞の老化・ガン化を防ぐといわれ、動脈硬化を防ぐ働きもある
  • 他に内臓脂肪を減らす作用もある

メンタルへの作用

  • 性欲を刺激することだけでなく、やる気を起こしたり、記憶力や判断力を高める作用があることも最近分かっている
  • 鬱への関連も報告されている

分泌のピークは十代後半で迎え、加齢とともに減少していきます。
精力アップのためにはテストステロンを増やすことがとても大事です。

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます