ED改善して性生活を取り戻したカップル

現代のED患者にとってバイアグラは、もはやなくてはならないものになった言っても過言ではありません。

僕は当たり前のように使って、セックスを楽しんでいます。

ところでバイアグラをはじめとするED治療薬には、EDに対する効果だけでなく、新たな効果が近年の研究によって認められ、その適用範囲が広がるかもしれないのを知っていますか?

なんと、PDE5阻害薬は一時的に勃起力を高めるだけではなく、男性機能そのものを回復させてしまう可能性があると期待されているのです。

近い将来、ED治療薬はペニスそのものの機能回復に対する効能が認められるようになるかもしれません。

PDE5阻害薬(ED治療薬)の働き

勃起により海綿体が拡張

ED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスはその働きからPDE5阻害薬と呼ばれます。

勃起が起こる時にPDE5阻害薬がどのように作用しているかをみてみましょう。

まず、性的刺激があると神経からの司令で血管内皮からNO(一酸化窒素)が分泌されます。

血管内皮で分泌されたNOは、海綿体の平滑筋細胞内でcGMPという物質を作ります。

このcGMPには平滑筋を弛緩させる作用があり、それによって海綿体がゆるみ、血液の流入が高まって勃起が成立します。

勃起のメカニズム

PDE5はcGMPを分解する酵素で、生成されたcGMPを取り除いて勃起を収束させます。

いつまでも勃起しているのも問題なので、本来は必要な酵素なのです。

しかし、老化や糖尿病・高血圧などで血管内皮が障害を受けると、勃起時に放出されるNOの量が減ってしまいます。当然、cGMPの量も減ってしまいます。

その少ないcGMPをPDE5はお構いなしに分解してしまうのです。

その結果として、ペニスは十分な勃起をすることができなくなります。

これがED(血管性)の状態です

PDE5阻害薬は文字通りPDEの働きを邪魔して、cGMPを分解させないことで十分なcGMPを保ち、勃起力を改善します

このような血管への反応は何もペニスに限るものではなく、全身の血管で起こります。

PDE5阻害薬の肺血管を拡げる効果から、今では肺高血圧症の治療薬としても認められています。

もともとバイアグラは心臓の血管への効果を狙って循環器の薬として開発されたものなので、ED治療薬としての効果はおまけのようなものだったのです。

その血管への効果も研究によっていろいろと明らかにされつつあります。

PDE5阻害薬の意外な効果

現在、PDE5阻害薬のED治療薬としての使用は、性交時にだけ単発で使われることを対象に認可を受けています。(肺高血圧症・排尿障害では連日投与が認可されている)

しかし、実験レベルでは継続的に使用することで、勃起補助薬に留まらない、いろいろな作用があることがわかってきています。

テストステロンを高める

PDE5阻害薬でテストステロンが増えるラットのイメージ

ラットにおいてシルデナフィル(バイアグラ)を継続投与すると、cGMPを濃度を高めるだけでなく、テストステロンを増やすことがわかっています。

人でもシルデナフィルを週に1度服用すると、6ヶ月後にテストステロンが2倍に増え、さらに酸化ストレス指標も減ることが報告されています。

また、人で運動時にタダラフィル(シアリス)を服用すると、服用しなかった場合に比べて有意にテストステロンが増えることもわかっています。

血管内皮そのものを回復させる

EDの血管内皮がバイアグラにより改善するイメージ

人での研究で、タダラフィルを一日置きに1ヶ月服用すると、血管内皮の機能が回復しており、服用中止後もその効果が持続することがわかっています。

上のどの研究も、PDE5阻害薬には、加齢や生活習慣病で衰えてしまった機能を改善させる効果があることを示唆しています。

いわゆるアンチエイジング効果といえます。

もっと研究が進めば、バイアグラをアンチエイジング薬として使用できるようになるかもしれません。

管理人はタダラフィル(シアリスジェネリック)を実験的に長期服用したことがあります。
特に異常を感じることもなく続けることができました。

その時のレポートがこちら。

ED治療薬でギンギンになりたい人はこちら
↓   ↓   ↓

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます