シトルリンたっぷりのスイカ

どちらも精力剤の成分として一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

その作用は精力増強に限らず、生体内でさまざまな機能に関与しています。

 

シトルリン シトルリン
スイカを代表にウリ科の植物に多く含まれています。
体内では、オルニチン回路においてアルギニン生合成の中間体として重要で、回路の代謝産物であるNO(一酸化窒素)の作用で血管拡張作用をもたらします。
平成19年までは医薬品にふくまれていましたが、効能を標榜しない事を前提に医薬品から外れました
アルギニン アルギニン
体内で生合成されますが、必要量の足りない子どもでは必須アミノ酸の一つです。
単なるサプリメントとしてだけではなく、医療の現場においても術後の回復を助ける目的や、感染の合併症を減らす目的、心疾患の症状の緩和が認められています。

 

シトルリン・アルギニンの効果

どちらも代謝産物のNO(一酸化窒素)を介して、さまざまな効果を発現します。

ED(勃起不全)の改善 ED(勃起不全)の改善
NOによる血管拡張作用により、陰茎海綿体への血流を増加させて、勃起力の回復が期待できます。
また血管内皮機能そのものの改善作用も示唆されていて、機能面からのED改善も期待できます。
免疫機能の向上 免疫機能の向上
子どもにおいて空気感染症の発生を防ぐ効果が認められています。
またNK(ナチュラルキラー)細胞などの免疫担当細胞の働きを高める作用が認められています。
糖代謝の改善 糖代謝の改善
アルギニンを長期に摂取することでメタボ患者の糖代謝の能力を改善することが示唆されています。

ネット上ではシトルリンやアルギニンにペニスの増大作用があることがまことしやかに書かれていますが、血流が良くなって平常時でもボテッとした感じになって大きく見えるだけで、ペニスそのものを大きくする作用はありません。

 

シトルリン・アルギニンの安全性

シトルリンとアルギニンを摂って精力アップした男性シトルリン・アルギニンともに服用による副作用は特に報告されていません。

アルギニンは短期間であれば1日10gの摂取においても問題は起こらないようです。

高用量で長期間の服用については、研究がなされていませんのでわかりません。

必要な1日量については諸説ありますが、効果を期待するならばアルギニンを最低でも1日2~4gの摂取が必要なようです。

2~4gを実際に摂取するとなると結構な量になりますから、含有量の多い製品を選ぶか原末を使用するのが望ましいです。

管理人は行為をする予定のある時は必ずシトルリンを亜鉛とセットで摂るようにしています。効き目はかなりヤバイです。よく言われるペニスの増大効果は無いですが、いつもよりぼってりして血液循環が良くなっている気がします。シアリスジェネリックと合わせて若い時でも経験したことのないくらいカチカチになります。

シトルリン2000が常識を変える

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます