レッドドラゴン

レッドドラゴンはまだ歴史の新しい精力剤です。知名度はまだまだですが、着実に売り上げを伸ばしているようで、ネットでもあちこちで見かけるようになりました。

レッドドラゴンはよくある精力剤とは一線を画しています。

定番のマカや亜鉛、人参なども含まれているのですが、最大の売りは特許を取った全く新しい精力剤素材にあります。

さらに特許を取った素材だけでなく、他の原料との配合比率にも秘密があるのです。

EDに悩む男たちの救世主となる可能性を秘めるランペップ

卵白

レッドドラゴン最大の目玉は特許を取った精力剤素材”ランペップ”を配合していることです。

ランペップは勃起が起こるメカニズムでもっとも重要な一酸化窒素(NO)の産生を促進することにあります。

産生されたNOは血管の平滑筋に作用してサイクリックGMP(cGMP)を発生させます。

このcGMPが平滑筋を弛緩させることで血管が拡張してたくさんの血液を流すことができるのです。

この反応は全身の血管で起こりますが、ペニスの海綿体で起こった結果が勃起なのです。

バイアグラが効くのは、このcGMPを分解してしまうPDE5という酵素の働きを抑えることで、cGMPを維持して勃起を生じさせているためです。

ランペップはこの一つ上の反応であるNOの産生を増やすことで勃起しやすくなるというわけです。

ランペップはこの血管拡張作用による血流改善剤として1つめの特許を取っています。

ランペップ:マカ:亜鉛の黄金比率でさらに特許取得

黄金比率

ランペップはマカと亜鉛との併用による相乗効果で、さらにNOの産生を向上させることができます。

どの割り合いで配合するかがミソで、多すぎても少なすぎても相乗効果がなくなってしまいます。

このランペップ、マカ、亜鉛の黄金比率で男子機能改善剤として2つめの特許を取っています。

その割り合いはランペップ:マカ:亜鉛=100:50~100:0.1~10の比率です。

ランペップについてはこちらの記事でさらに詳しく説明しています。

レッドドラゴンは特許を取った黄金比率を忠実に再現した精力剤

レッドドラゴン

先述したように、レッドドラゴンにはランペップのほかにマカと亜鉛が含まれており、その1日量の比率は

ランペップ:マカ:亜鉛=500mg:300mg:9mg

となりランペップを100とすると

ランペップ:マカ:亜鉛=100:60:1.8

で、見事に特許を取った黄金比率になります。

ランペップを含有した精力剤はほかにもいくつかあるのですが、量や比率に問題があります。

たとえば井藤漢方製薬の「MR.Z ミスターゼット」はランペップ350mgに対してマカ7,000mg、亜鉛3.5mgで黄金比率を大幅に外れています。

マルマンの「俺の勃」ではランペップ100mgに対してマカ100mg、亜鉛1mgで黄金比率ではあるのですが量が少ないんです。

精力剤ではありませんが冷え性の人向けサプリ、プロントの「NU-Q(ヌーク)」は含有量が不明。

同じプロントの精力剤、「夜の守護神 剛力大王」でも含有量が公開されていません。

なので、ランペップ、マカ、亜鉛を黄金比率で推奨量に達する量が入っているのはレッドドラゴンだけということになります。

もし、特許の黄金比率を体感したいのなら、現在のところレッドドラゴン一択しかありません。

黄金比率の3種以外にも精力剤成分を含んでいる

レッドドラゴン

レッドドラゴンに入っているのはランペップ・マカ・亜鉛だけではありません。

その他にも男性機能に有効な成分が含まれています。

紅参

紅参とは人参(高麗人参)のことで、蒸してから乾燥させたものを紅参といいます。

人参といえば時代劇にも出てくる万能薬。世界的にももっともポピュラーな強壮薬ハーブで、その効果は折り紙つきです。

強壮・強精薬として中高年の衰えた精力を充填してくれるでしょう。

人参についてはこちらの記事でさらに詳しく説明しています。

カツアバ(カツアーバ)

ブラジルのインディオたちが、自らの肉体疲労やインポテンツの治療のために使っている精力剤ハーブです。

ブラジルでは製薬会社が精力アップや性欲亢進のための強壮剤ドリンクを製造しているほど、効果の確かなものなのです。

カツアバ単独でも精力剤として通用するところを、レッドドラゴンは補助的な素材として使っているのです。

カツアバについてはこちらの記事でさらに詳しく説明しています。

ヒハツ

ヒハツはコショウ科コショウ属のインドナガコショウの成熟前の果穂を乾燥させたものです。

体を温めて、胃をすっきりさせてハツラツとしてくる効果が期待できます。

レッドドラゴンはランペップの特許を取った黄金比率だけでなく、これらの成分まで配合されています。

黄金比率だけでも凄そうなのに、これらの成分の相乗効果が加わったらどうなるんでしょう?

国内の基準をクリアした工場で製造されているので安全

レッドドラゴン

レッドドラゴンは国内のそれもGMP基準をクリアしたGMP認定工場で製造されています。

GMPとは?

厚生労働省が定めた健康食品のガイドラインで、日本健康・栄養食品協会がその基準をクリアした工場に認定を与えるものです。

原料に自然のハーブや卵を利用したレッドドラゴンは、食品なので副作用もなく、安全な工場できちんと製造されているので安心して服用することができます。

自信がなければできない90日間の返金保証!

返金保証

メーカーはかなり製品に自身があるのでしょう。

その他の精力剤でも返金保証は珍しくないですが、レッドドラゴンは驚愕の90日間の返金保証を行なっています。

リピート率も高く、94%にも達します。

特許取得の黄金比率は伊達じゃないようです。

まとめ

ほかの精力剤にはほとんど使われていない珍しい素材で勝負するレッドドラゴン。

けっして奇をてらった商品ではないようです。

きちんと効果を出して実績を積み上げているからこそ、高いリピート率や長期の返金保証が実現できるのでしょう。

これからもますますシェアを伸ばしていきそうな精力剤です。