肉を食べて精力アップしてED改善

20代にピークを迎えるテストステロン値は、加齢にともなって徐々に減少していきます。

中高年になる頃には、下がってしまったテストステロンにより、体にさまざまな影響が出てきます。

精力の衰え勃起障害(ED)などの性機能低下だけでなく、やる気の低下うつ症状心筋梗塞脳梗塞に加え最近では脳の認知機能の低下にも関係することがわかっています。

つまり、「最近、精力が落ちた」「朝立ちしなくなった」「中折れしてしまう」など単に男性機能の低下やEDだと思っていても、その影にはもっと重大な病気が隠れている可能性があるのです。

早期発見、早期治療の観点から言えば医師に診てもらうのが理想ですが、「病院へ行くのはちょっと…」「まだ自分でなんとかしたい」という方は、まず食事の面からテストステロンを増やすことを考えてみましょう。

テストステロンを作るには何が必要?

現代人の食事の内容は、カロリーは摂り過ぎる傾向にあります。タンパク質についても普通の食生活をおくるかぎり、摂り過ぎることはあっても足りないということはないでしょう。

しかし、テストステロンを増やすためには、体内で作ることのできない必須アミノ酸を十分に含んだ動物性タンパク質が必要です。

タンパク質を摂ってテストステロンヲ増やすイメージ

テストステロンに必要な必須アミノ酸を上手く体に取り入れるためには、どの食品を食べれば効率がいいのかをあらかじめ知っておきたいものです。

食品にバランスよく必須アミノ酸が入っている度合いを示す数値にアミノ酸スコアというのがあります。数値が高いことはそれだけ必須アミノ酸を効率よく摂取できるということです。

体がテストステロンを多く作れるように、アミノ酸スコアが100近くある食品を選んで摂取するのがよいでしょう。

牛肉 牛肉
ロースの脂身の無い部分はアミノ酸スコアが100ある。セックスミネラルと呼ばれる亜鉛も多く含む
卵
にんじん2時間、ごぼう5時間、卵たちまち」と言われるほど強精作用があるだけではなく、アミノ酸スコアも100ある。テストステロンの直接の原料となるコレステロールを多く含み、性欲回復ミネラルのセレンも含む。
鶏肉(胸肉) 鶏肉(胸肉)
この食品もまたアミノ酸スコア100である。脂質が少ないため筋トレと合わせて筋肉量を増加させるのに最適。筋肉の増加は結果的にテストステロンの増加につながる。

 

タンパク質この他にも牛乳アジ・サケなどの魚もアミノ酸スコアが100あります。

これらをただ摂取するだけではテストステロンを増加させるのに十分とは言えません。適切な運動も同時に行って筋肉量をふやすことができれば、動物性蛋白質と筋肉の増加との相乗効果でテストステロンのさらなる増加を期待することができるでしょう。

 

本当に適したコンドームを見つけるコンドーム通販サイト

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます