お尻浮かせで精力アップするイメージよくペニスは三本目の足と言われます。

精力の衰えを改善するために下半身を強化することは理にかなっており、その方法としてウォーキングやスクワットや自転車などがよく行われます。

それに対して上半身の強化というのは、精力アップという面ではあまり注目されてきませんでした。

ところが歩くことで常に負荷のかけられている下半身と違い、意識しなければ負荷をかけられることのない上半身はむしろ下半身より衰えやすいのです。

そこに注目して蘆原紀昭氏が考案したのがお尻浮かせ運動です。

お尻浮かせ運動のやり方

  1. 普通の四つん這いと反対にお腹を天井に向けて、手足を床につけます。
  2. 両手両足で支えて、お尻を浮かせます。(少し浮かせるだけでOKです)
  3. お尻を浮かせたまま前へ移動させます。できるだけかかとに近づくようにします。
  4. その状態で10秒間静止します。
  5. 今度は後ろにお尻を移動させます。可能な限り後ろに移動してから10秒間静止します。
  6. これを3~5回続けます。慣れてきたら5分以上続けるようにします。

この時、床につく手の向きを指先が前方になるようにすると、肩や腕への負荷が上がり上半身に効くようになります。

蘆原氏によれば3ヶ月も続けると、老眼が改善しむち打ちの後遺症も改善したそうです。しかも精力がアップし、セックス時の持続力もアップしたということです。

このトレーニングは、家でくつろいでいる時に、思い立ったらすぐに始められるのがいいですね。

TVを見ている時、番組の合間CMの時なんかにやってみるのはどうでしょう。

本当に適したコンドームを見つけるコンドーム通販サイト

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます