ペニスのサイズ比べ

世間にあふれるペニスサイズの数値に振り回されていませんか?

それらの数値を参考にする前に、その測定方法はどの方法なのか?信頼できる人による測定なのか?を知る必要があります。

ペニス増大トレーニングを行っていく際には、効果が出ているのかどうかはサイズを測定して判断しますから、自分で測定する方法も正しく、一定の方法を採用しないといけません。

ペニスサイズの報告はいろいろあれど測定方法はさまざま

定規

自分のペニスは小さいんじゃないか・・・

ペニスを大きくしたい・・・

と考えた時に、まず誰でも行うのが自分のペニスサイズのチェックと平均サイズとの比較じゃないでしょうか?

これからペニス増大トレーニングを行うとなったら、トレーニングの成果を確認するためにもペニスサイズの測定は欠かせません。

定期的に測定して効果のほどを確認することがモチベーションを上げる原動力になりますからね。

平均との比較で平均を上回ってくるととても誇らしく思うでしょう。なにせチントレは自己満の世界ですから。

そこで気になる日本人の平均ペニスサイズはどのくらいなのか?とネットで調べるみると、さまざまな数値が出てくるのに驚きます。

いったいどれがリアルな平均サイズなんだ!と困ってしまうでしょう。

また、自分のサイズを測るにしても、どう測るのがいいのか悩んでしまうと思います。

自己測定も平均サイズもブレが大きいとなると比較のしようがありませんからね。

測定方法の違いで普通に2㎝くらい差が出る

背くらべ

試しに自分のペニスをいろんな方向から測ってみればわかると思いますが、測る場所によって大きく数値が違ってくることに驚くでしょう。

平気で2㎝くらいの差が出てしまいますからね。2㎝の差は大きいですよ。

ペニスの長さが2㎝違うと見た目に明らかな差を感じます。

16cmの僕が2㎝増えれば18㎝。AV男優の森林原人さんが17.5㎝だそうですから、それ以上ということになります。

測り方によっては僕でも18㎝あるからと言って、AV男優並だと豪語する気にはとてもなりません。

画面のモザイク越しでもサイズ感が違い、全然相手にならないのははっきりわかりますからね。

それほど2㎝というのは大きな差なのです。

だから、誰かが「俺は17㎝ある」というのを聞いても話半分に聞いたほうがいいですよ。

話がそれましたが、測定方法で大きな差が出るのですから、いろんな調査結果もどのような測定方法を用いたのかがとても重要です。

上側を測ったのか?下側なのか?あるいは横を測ったのか?

測る位置以外にも測定時に定規を恥骨に押し付けるかどうかでも大きく変わります。

参考にネットで見つけたペニスサイズの調査結果をまとめたペニスサイズデータというサイトをご紹介します。

ここに載っている調査結果をみると、同じ国でありながら測定方法によって数値にかなりのばらつきがあることが実感できると思います。

一番当てにならない自尊心丸出しの自己申告

背伸び

上に述べたことから、ペニスサイズ調査で用いられた測定方法と自分との測定方法を合わせないと、そもそも比較することが無意味になってしまいます。

でも、測定方法以上に数値をばらつかせてる要素があるんですよ。

それは自己申告による調査の場合です。

男はプライドの高い生き物です。男の象徴たるペニスサイズを申告するのならできるだけ大きな数字を言いたくなるのが人情というものです。

規定の通り測っていても定規を見る角度によって数mmは変わってきます。

あるいはペニスの角度を少し変えても数mmくらい違ってきます。

多少のブレがあるのなら大きい方の数字を選んじゃいますよね。

中には明らかにサバを読んでいる人もいるでしょうから、自己申告による調査がもっとも当てにならないのです。

実際に、第3者が測定した調査と比べて、自己申告であるアンケート調査の平均サイズは大幅に大きい結果になっています。

なので、自分のサイズがアンケート調査の平均より劣っていたとしても気にする必要はありません。

AVでよく見る下から測るのはハリボテの数字

他人がペニスのサイズを測っている様子を目にすることがあるとしたらAVくらいしかないでしょう。

だから、いざ自分のペニスを測る時はAVで観たやり方を参考に測る人が多いんじゃないでしょうか。

AVでは、ペニスの下側を竿とタマタマの境界を起点に測る方法をちょくちょく見かけます。

勃起すると硬くなる海綿体部分は肛門の近くまで続いていますから、下側を測る時には長めに数値が出やすくなります。

この方法は竿とタマタマの境界が曖昧なため、どこに境界を持ってくるかによって簡単に1~2cmの誤差(長め)が出てしまいます。

なので、この方法で測定した数値もあまり信用しないほうが良さそうです。

横からは始点の位置で大きく誤差

この測定方法もAVでちょくちょく見かけます。

そそり立つペニスと当てた定規の目盛りの見やすさから、画的に一番様(さま)にはなりますね。

でも、ペニスの側面もかなり奥までたどっていけるので、下側を測定するのと同様に、測る始点をどこに取るかで大きめに測れてしまいます。

測る人によってもかなりばらつきが出そうです。

なので、この方法で測った数値も参考にしないほうがいいでしょう。

定番となりつつあるのが上側を垂直に測る方法

最も安定してペニスサイズを測定できるのが上側を測る方法です。

近年は、調査でもサイトでの報告記事でもこの方法で測定している人がほとんどです。

始点に下腹部があるため、ばらつきにくいのがいいですね。

ただし、皮膚の表面から測るのか?定規をできるだけ押し付けて恥骨から測るのかで2㎝ほどの差が出ます。

皮膚の表面からだと、太っている人が非常に不利になるので、今は押し付けて測定するのが定番みたいですね。

もうひとつ測定時の注意として、ペニスが体に対して垂直になるように測定すること。

そそり立った状態で測ると数値が短くなりますし、下に向けて測ると長めに出ます。

基準を統一するために垂直の状態で測るようにしましょう。

まとめ

誰でも、他人のペニスサイズを聞いて一喜一憂したことがあると思います。

自分のを測ってみて、劣っていると知りガッカリしていた人が多いんじゃないですか。

それらの数値はだいたいがサバを読んでいますからあまり真に受けないようにしましょう。

一定の信頼できるデータだけを参考にして、自分が測定する時もその方法に準じて測るようにしましょう。

おすすめは上側を定規を恥骨に押し付けて測る方法です。

これから増大トレーニングをしていくのなら、なおさら一定の方法で測定しないと、増大したのかどうかもはっきりしなくなりますからね。

正しく測っていたら、数値がアップした時に素直に喜べますよ。

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます