ペニス増大のイメージ

管理人は10年以上前からペニス増大トレーニング、いわゆるチントレを行って、実際にムスコを大きくすることに成功しました。

そして、その効果の素晴らしさをひしひしと感じているので、ぜひともこの素晴らしさを分かち合いたいと思っていて、ようやく記事を書くことができました。

この前、アップしたポンプ式ペニス増大法の記事は読んでいただけたでしょうか?

チントレの方法はポンプ式だけでなく他にもまだまだあって、管理人がオリジナルに改変した方法もあるので、おいおいご紹介していきたいと思ってます。

ところでペニス増大トレーニングは何のために行うか?

一言で言えば、それは巨根になるためです。

巨根は男の憧れですよね。
男の象徴でもあるペニスが立派であることは、それだけで誇らしいことであって、男にとって本能的、根源的な魅力でしょう。

巨根であることはイコール女性を激しくイカセることであり、他の男に対する優越感にもつながるのでしょう。

巨根信仰は間違い!?

巨根のイメージ

健康な男なら誰もが持つ巨根願望ですが、一部の人間はそれに反論します。

女性はペニスが10cmもあれば満足するだの、女性が感じるのはクリトリスだから巨根で膣の奥を突いても奥は鈍感で気持ち良くない、などといいます。

このサイトでペニス増大を紹介していく以上、これらの主張を論破しておかなければなりません。

管理人自身がペニスを増大して、そのメリットを満喫しているだけに聞き捨てならないのです。

思うに、巨根を否定する男はほとんどが粗チンで女性を逝かせたことがないのでしょう。

巨根を嫌がる女性は本当の女の喜びを経験したことがないか、相手が下手だったために巨根が痛かった、のどちらかでしょう。

 

管理人管理人

気持ちよすぎて、マン汁でシーツが汚れるほど女性を感じさせたことがありますか?
ケイレンが止まらないほどに女性を逝かせたことがありますか?

管理人は無かったのですが、ペニスを増大してからそれが可能になりました。
同じパートナーですよ。以前との違いはペニスのサイズだけです。

巨根否定論に反論

”ペニスの長さ10cmもあれば十分”に反論

タバコサイズ10cm

確かに10cmあれば女性に快感を与えることはできるでしょう。

セックスの快感は肉体的な感覚だけではありません。
精神的な充足感がとても重要です。

平たく言えば”愛”。相手を愛おしく思う気持ちがないといくら巨根でも逝かないかもしれません。

精神的な交わりを重視するものとしては、ポリネシアンセックスあるいはスローセックスがその最たるものでしょう。

ポリネシアンセックスなら、ペニスが10cmでも女性に痙攣するほどにオーガスムを感じさせることができるでしょう。

でもだからといって巨根を否定するのは論理が飛躍しすぎです。

なぜなら、巨根を否定する人は女性の快感について大きな見落としがあるのです。

女性の快感には際限がない。

理由はこれに付きます。巨根だとポリネシアンセックスのように時間をかける必要もなく、女性をオーガスムに達せられます。

オーガスムにも程度があります。
みなさんも実際にセックスをしていて経験があると思いますが、女性は軽くいったり、激しくいったりするのです。

オーガスムの波の大きさはさまざまです。

10cmのペニスでオーガスムを感じたとしても、もしその人が巨根なら数倍の波のオーガスムを感じるのです。

 

管理人管理人

以前は、まだセックスを続けるつもりでピストンを止めて射精を我慢できていたのが、増大してからはパートナーが感じ過ぎてケイレンが止まらずに射精をしてしまうことがよくあります。
ペニス増大をした人あるあるです。

”膣の奥は感じない”に反論

膣奥のイメージ

ボルチオという言葉を聞いたことがありますか?

膣の奥、子宮口のあたりにある性感帯のことです。
この部分は最初から感じる人はあまりいないと言われています。

だからといって感じないというわけではなく、慣れない人が突かれると痛く感じる人が多いようですね。

感じるようになるには慣れが必要なんです。いわゆる”開発”をする必要があるのです。

ボルチオを否定する人は、女性なら巨根相手で痛い思いをして、開発される前にやめてしまったんじゃないですかね。

男性で否定する人は女性の奥を突けるほどペニスの長さがないのでしょう。

一般に女性の膣奥までは7~8cmくらいしか無いと言われています。

だからペニスが10cmもあれば届くのですが、届いただけでは刺激が足りないのです。

膣は可塑性といってさまざまな大きさに対応して伸縮する能力があります。

最大で赤ちゃんの頭が通るくらいに伸びることができるのです。

だから、仮に18cmの巨根を挿入したらもともと7~8cmだった膣奥が、そこからさらに10cmほど奥に押し込まれることになります。

この時の膣の受ける刺激が10cmのペニスの時と比べて桁違いに大きいことは容易に想像できると思います。

巨根でボルチオを開発されれば女性はとてつもなく感じるようになるのです。

 

管理人管理人

管理人のパートナーもペニスを増大し始めた頃は、彼女の体が対応できずに奥まで入れると少し痛いと言っていました。

今はすっかりボルチオが開発されて、腰を沈めてペニスを奥まで入れたらメチャメチャ感じています。
いくら巨根を否定しようが、体験したら明白なことです。

ペニスを増大して悪いことは1つもなかった

ハッピーライフ

巨根を否定する人も、実際に自分がそのメリットを享受すれば納得するのでしょうが、信じていないだけに自らペニス増大トレーニングをすることはないんでしょうね。

専門の泌尿器科医でも巨根信仰を否定する先生もいるようです。

でも専門医と言えど、個人の快感は医学書を読んでいるだけではわからないです。

そのような先生も女性を逝かせたことがないのか、あるいは粗チンの人を慰めるためにそう言っているのかもしれませんね。

まあ、こんな話も生まれつき巨根の人には関係ないことで、苦労せずに女性を腰砕けにするのが当たり前でしょう。

だからこそ、男は巨根に憧れるのですから。

管理人は”粗チン”だったからこそ、ペニスが大きいことのメリットを大いに感じることができるんです。

無理してケガさえしなければ、ペニス増大することで男として自信が付くし、ナイトライフが充実してパートナーと仲も良くなるし、そのことが性欲を回復させて、精力も勃起力も改善していくという好循環になります。

精力の衰えを感じている人はペニス増大トレーニングをマジでおすすめします。

ペニス増大サプリは完全否定するわけではありませんが、トレーニング無しには増大しません。

必ずトレーニングを並行して行いましょう。

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます