糖尿病予備群

現代社会で生き抜く男たちにとって、不規則な生活、寝不足、運動不足、食べ過ぎや飲みすぎなど、体にとって悪いとわかっていても避けられない習慣が多いのではないでしょうか?

これらの習慣はわれわれの体にいろんな不具合をもたらしますが、中でも気を付けたいのが糖尿病。

放っておくといろいろな合併症を引き起こし、確実に寿命を減らすことになります。

糖尿病は血管の病気とも言われ、動脈硬化からEDなど男性機能の低下にも深くかかわっています。

現在、日本の糖尿病患者は316万人(平成26年度厚生労働省発表)で、糖尿病が強く疑われる人は950万人、さらに糖尿病予備軍の人は1,100万人もいるといわれ、実に国民の5人に1人が該当するという多さです。

性機能の低下に悩む男性にとってはぜひとも避けたい糖尿病。

実はクラチャイダムは精力増強だけでなく、糖代謝に作用して糖尿病を防ぐ効果も期待できるのです。

血糖値が上がるのを防ぐためには

糖尿病とは、糖を細胞内に取り込んで血糖をコントロールする役目のあるインスリンが不足したり、働きが悪くなるために持続的に血糖値が高くなっている状態を言います。

糖尿病の種類には以下の2つのタイプがあります。

1型糖尿病
何らかの原因でインスリンを分泌する膵臓のランゲルハンス島の細胞が壊れて、インスリンが不足することから発症します。若い人に多いです。

2型糖尿病
過食、運動不足、不規則な生活などによるストレスからインスリンが不足したり、働きが悪くなるために起こる糖尿病です。 生活習慣病として考えられているのはこちらのタイプの糖尿病で、日本人の糖尿病の9割は2型によるものです。

参考知りたい糖尿病

血糖値を下げるには2つの方法

糖尿病の予防あるいは治療のためには、高血糖にならないようにしなければなりません。

それには大きく分けて2つのアプローチ方法があります。

糖の吸収をコントロールする

小腸粘膜からの糖の吸収を減らしたり、遅くすることで高血糖になるのを予防します。食事療法で糖質を控えるのはもちろん、繊維の多いものを食べることやゆっくり食べることなどで糖の吸収を遅らせます。

また、小腸上皮細胞にはデンプンなどの多糖類のグルコシド結合を切断して吸収できるように分解するαグルコシダーゼという消化酵素が存在します。

この酵素の働きを抑えるαグルコシダーゼ阻害剤という薬が糖尿病治療薬として使われていて、この薬の内服により糖の吸収を遅らせて血糖の上昇を防ぐ治療が行われます。

インスリンの働きを良くするor補充する

食後に運動することで糖の利用を促進して血糖の上昇を防ぐことができます。また、継続的に運動を続けると細胞のインスリンへの反応が良くなり、インスリンの働きが改善されます。

絶対的にインスリンが不足している場合は、インスリン注射で外部からインスリンを補充して血糖値を下げます。

クラチャイダムで見つかった糖代謝への作用

クラチャイダムに含まれる多種のメトキシフラボノイドにはそれぞれに異なる生理活性があり、どの成分がどのような効果を持つかははっきり分かっていませんでした。

以前からフロボノールの一種のquercetinやメトキシフラボノイドのbiflorinには、上に述べたαグルコシダーゼを阻害して血糖値の上昇を抑える効果があると報告されていました。

特にquercetinには強いαグルコシダーゼ阻害作用があるとされます。

最近になって、クラチャイダムに含まれるメトキシフラボノイドのある種の成分が同じようにαグルコシダーゼ阻害作用があることがわかりました。[1]

中でもクラチャイダムの3大メトキシフラボノイドである5,7,4′-trimethoxyflavone(TMF)と 5,7,3′,4′-tetramethoxyflavoneという成分に優れたαグルコシダーゼ阻害作用があり、その活性は先のquercetinよりも強かったのです。

他の研究でも血糖値の低下が見られたことが報告されています。[2]

クラチャイダムを習慣的に摂取することで、現代人を悩ませる糖尿病、われわれ中年には男性機能の敵である糖尿病を防ぐことができるかもしれません。

この記事では詳しくは述べませんが、クラチャイダムには脂肪代謝を改善(これもEDに深く関わりますねand糖尿病にも)したり、血流を改善(糖尿病の血管病としての一面を改善)する効果も報告されています。

東南アジアの人々に古くから健康維持のために愛されてきただけあって、いろいろな作用が見つかっています。いにしえの知恵というのはすごいですね。

管理人管理人

こちらの記事にあるようにクラチャイダムの抗酸化作用の効能で、去年ある有名メーカーが国際特許を取っています。これからいろんな商品展開がされるかもしれませんね。

参照

1.大阪市立大学生活科学研究科 東鋭明氏博士論文「ショウガ科植物Kaempferia parvifloraに含まれる成分の構造とα-グルコシダーゼ阻害活性および抗変異原性」

2.Yorsin S, et al Effects of Kaempferia parviflora rhizomes dichloromethane extract on vascular functions in middle-aged male rat. J Ethnopharmacol. (2014)

参考Examine.com

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます