男性更年期障害で禁煙したらテストステロンが減った男性

近年の健康志向でタバコをやめた人は多いですが、長年の習慣でなかなかやめられない中年男性の方も多いと思います。

喫煙が体に悪いのは周知の事実ですが、男性機能にも悪影響を与えることがわかっています。

タバコを吸っているとEDになりやすいというのはよく言われることですね。

ところが!

ED改善のために意を決して禁煙したとしても、かえってテストステロンが低下してEDの症状が強くなってしまう可能性があるのです。

まるでパラドックスのようなこの現象、一体どういった理由でそうなるのでしょう。

喫煙は明らかにEDの原因になる

喫煙がEDに良くないイメージ

勃起が起こる仕組みは、血管が拡張して陰茎の海綿体に大量の血液が流れこむことで起こります。

水風船が水でプーッと膨らむのをイメージしてもらったらわかりやすいですね。

この勃起のメカニズムは血液の供給元である血管が健康であることが必要です。

年齢とともに、あるいは生活習慣病などにより血管が酸化ストレスを受けると、血管が錆つき、動脈硬化へと進んでいきます。

動脈硬化になると血管が硬くなる上に、血管が狭くなって血液が流れにくくなります。

そうなるとペニスを膨らませるだけの十分な血液が供給できなくなって、勃ちにくくなるのです。

そこにタバコを吸った時の影響が加わるとどうなるか?

タバコを吸うとニコチンの作用で全身の血管を収縮させます。

ただでさえ歳で血管が弱っているところに血管を収縮させるのですから、一気にEDの症状がでてもおかしくありません。

タバコを吸う人は自らEDへの道を突き進んでいると言っても過言ではありませんね。

長期的に見ても、喫煙習慣というのは大きな酸化ストレスを与えますから、血管の錆つきをさらに進行させることになります。

50~80歳の高血圧症患者を調べたところ、喫煙者の半分がEDになっていて、非喫煙者のほとんどがEDになっていなかった。

という報告があります。

タバコを吸う習慣でEDになりやすくするのは明らかです。

米国の専門家は、30~40代で1日10本以上のタバコを吸う人は、突然EDになる可能性があると警告しています。

なので、勃起機能を損なわないためには、タバコを吸わない方がいいことは間違いありません。

禁煙をするとテストステロンが低下する

EDのために禁煙するイメージ

ところが、喫煙がEDに良くないので、一大決心をして禁煙をしたところテストステロンの量がさらに減ってしまった、という矛盾したことが起こることがあります。

あまり知られていないことですが、男性の体内でも女性ホルモンが作られています。

男性が作る女性ホルモン(エストロゲン)はゼロから作られているわけではなく、すでにあるテストステロンから作られます。

テストステロンの一部を変換してエストロゲンに変えているのです。

そして、その役目を担っているのがアロマターゼという酵素。

タバコに含まれるニコチンは、このアロマターゼを阻害する作用があります。

そのため、タバコを吸う習慣が続いている間、テストステロンからエストロゲンを生成する反応が抑制されています。

そこで、禁煙をすると阻害されていたアロマターゼが一気に息を吹き返し、せっせとエストロゲンを作り、テストステロンが減少してしまうのです。

禁煙時のテストステロンの減少を防ぐには?

テストステロンは勃起機能にとって重要なホルモン。テストステロンが減少することでEDになることもあります。

”タバコは確実に勃起に悪いが、止めるとテストステロンが減ってしまう”、パラドックスですね。

禁煙時のテストステロンの減少を防ぐには、いきなり禁煙するのではなく、少しづつ本数を減らしていくようにしましょう。

徐々に禁煙をしていけばアロマターゼの急激な活性化は起こりにくく、エストロゲンへの変換によるテストステロンの減少は緩やかになります。

でも、できれば禁煙時には定期的にテストステロンの値をチェックすることが望ましいでしょう。

まとめ

タバコは勃起能力にとっても健康にとっても吸わないのが一番です。

すでに習慣としてタバコを吸っている人はEDにならないうちに禁煙に取り組みましょう。

ただし、その際は急激に禁煙するのではなく、テストステロンが減少しないように徐々に本数を減らしていくことを心がけましょう。

 

管理人管理人

タバコは男性機能にとっては、やはり百害あって一利なしですね。
唯一、リラックス効果はあるのかもしれませんが、デメリットが大きすぎます。

今から禁煙される場合はテストステロン値に注意するだけでなく、運動をするなどしてテストステロンを維持できるように努めましょう。

ED治療薬を個人輸入してギンギンになりたい人はこちら
↓   ↓   ↓

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます