ED治療で改善が見られず落ち込む男性

いろいろなED治療を試してみたけれど、どれもうまくいかなかった。

あるいは持病のために治療を受けることができない

それでも、パートナーとの夜の生活を取り戻したい。

このように他の方法はダメだったけれど、それでも男をあきらめたくない場合に、残された最後の手段が陰茎プロステーシス移植手術という方法です。

海外ではすでに普及していて、日本でも注目のED治療方法です。

ただし、この方法を行えば高い満足が得られますが、一度行ってしまえば二度と自然な勃起は望めません。あくまでもED治療の最終的な方法であることを覚えておいてください。

陰茎プロステーシスの特徴

この方法は簡単に言えば、陰茎海綿体の中にプロステーシスと呼ばれるインプラントを挿入することで、人工的に勃起状態を作り出す方法です。

この方法を行うメリットとして次のことが挙げられます。

  • 一旦、手術を受けてしまえば、長期に渡りEDの問題が解決される。
  • いつでも望んだ時に勃起状態にすることができる。
  • 埋め込まれているので、ベッドイン時のムードを壊すことなく、行為に備えることができる。
  • ペニスの感覚や射精感に影響がない。

このように他に解決手段のないED患者にとってはメリットの多い方法です。

 

管理人管理人

この方法はインプラントを埋め込む手術なので高額な費用と入院が必要ですが、東邦大学では日帰り手術を行っているようです。

プロテーシスの種類

行為時に陰のうに設置したポンプにより水を移動させて勃起状態にするインフレータブルと曲げ伸ばし式のノンインフレータブルがあります。

インフレータブル陰茎プロステーシスの特徴

インフレータブル陰茎プロステーシス

性交時に陰のうに設置したポンプを押すことで、リザーバー内の水をプロテーシスに移動させてペニスを勃起状態にさせます。

そのため普段は柔らかく、勃起時には大きく硬くなるという自然な勃起を再現できます。

終了後はポンプのバルブを緩めることで、柔らかい状態に戻すことができます。

ノンインフレータブル陰茎プロステーシスの特徴

ノンインフレータブル陰茎プロステーシス

ノンインフレータブルはフレキシブルな硬いプロテーシスを移植します。

普段、使わない時は曲げておき、性交時に伸ばすことで性交可能になります。

手術も取り扱いも簡単で費用も比較的安く済みますが、普段からペニスが硬いことと、ペニスを伸ばした時も太さは変わらない点で不自然さが残ります。

 

これらの方法は手術を受けた患者の満足度が高い優れた方法です。

術後、大半の方が充実したナイトライフを取り戻しています。

しかし今は、勃起不全体外衝撃波治療のように、勃起機能そのものを回復させる可能性のある治療法を受けることができます。

まだ、あなたのペニスに勃起機能を改善できる可能性があるのなら、まず別の方法に取り組むことを考えましょう。

 

管理人管理人

何度も言いますが、陰茎プロステーシス移植は後戻りはできませんので、最終手段として考えて下さい。

陰茎プロステーシスの前にこれを試してみましょう。

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます