冬虫夏草
photo by BiteYourBum.Com Photography

虫なのか草なのかよく分からない生物として、一般にも有名な冬虫夏草。

万能薬ということはなんとなく知っていても、具体的な正体やどんな症状に効くのかはよく知らない人が多いと思います。

管理人も、1990年代に世界記録を連発した中国陸上の馬軍団が冬虫夏草を選手に飲ませていたというエピソードで、体力増強に効くものだということぐらいしか知りませんでした。

今回、この冬虫夏草とはいったい何なのか、どのような効能・効果があるのかについて調べてみました。

冬虫夏草とは?

きのこ

冬虫夏草という名は冬に虫の状態だったものが、夏になると虫から発芽して細長い草が成長してくることから来ています。

その正体はきのこの1種で、子嚢菌類のバッカクキン科(Clavicipitaceae)に属するフユムシナツクサタケ(Cordyceps sinensis SACC)の子実体(きのこ)が、寄生されたコウモリガの1種であるHepialus armoricanus Ober.の幼虫死体から生えたものを乾燥させた生薬です。

他のいろんな虫へも寄生することがあり、カナブン、なかにはゴキブリに寄生したものもあります。

それらをひっくるめて冬虫夏草ということもありますが、厳密にはフユムシナツクサダケに寄生したもののことを指します。

生薬としては夏になって子実体が地面から出たものを、採取して使用します。

原産地は中国南西部の青海省、雲南省、四川省やチベット、ネパールなどの標高3,000m以上の高地に限られます。

なので、野生の冬虫夏草は貴重で非常に効果な生薬です。

 

管理人管理人

中国産の冬虫夏草は100gほどで数十万円もします。ビックリですね。

また、野生のものは産地によって、あるいは採集時期によって生理活性に差があるといわれています。

今では培養に成功して、養殖の冬虫夏草も出回っていて、われわれでも手の届く安価な製品が出ています。

 

管理人管理人

松浦漢方株式会社「冬虫夏草粒」は1日分に2~3gの冬虫夏草が入っていますから、野生のものなら材料費だけで1日分が1万数千円になってしまいます。

冬虫夏草にはどのような成分が含まれている?

冬虫夏草に含まれる栄養分には18種のアミノ酸やミネラル、ビタミンなどがあります。

研究により解明された生理活性物質には次のようなものがあります。

  • コルデセピン(Cordycepin)
  • コルデーセプス酸(cordycepic acid)
  • エルゴステロール(Ergosterol)などのステロール類
  • D-マンニトール(D-Mannitol)

これらの成分が冬虫夏草のさまざまな効能を担っているのです。

中医学で認められている冬虫夏草の効能・効果

漢方薬

中国では古くから、不老長寿の薬や万能薬として利用しています。

18世紀に発行された本草学の書物では命を養う薬として分類されて、その効能を補肺益腎としています。

補肺益腎とは、要は肺や腎の機能を高めるので、広い意味で滋養強壮に効果があるということです。

中医学では腎は生命の活力の源であり、生殖機能のもとになる精を蓄える場所なので、さまざまな作用や効能が期待できます。

中医学で認められている冬虫夏草の作用には

  • 免疫力の向上
  • 心肺機能の向上
  • 糖尿病の改善
  • 精力アップ
  • 抗がん作用

などがあります。

精力アップに非常に効果が高いことから、中国では淫羊霍、田七人参と並び、3大強壮強精剤の1つに数えられています。

 

実際の臨床応用としては

  • 病後の虚弱
  • 肺結核
  • 吐血
  • 貧血
  • 筋肉や骨の痛み
  • インポテンス
  • 腎臓病

などに使われています。

 

管理人管理人

滋養強壮から性機能の改善を期待するタイプの生薬と思っていたのですが、もろにED改善目的に使ったりするんですね。

冬虫夏草の効果はどのくらい科学的に証明されているのか?

マカの効能の研究報告

冬虫夏草には、心臓をゆっくり力強い拍動にする作用や[1]、赤血球のヘモグロビンと酸素の運搬能力を高める作用[2]、脳の血流量を高める作用[3]、それに組織中のATPを増やす作用[4]などが報告されていてます。

心肺機能を高めてエネルギーを作り出す力を強くすることが期待できますから、まさに滋養強壮を表していると言えるでしょう。

アスリートにおいて運動能力を高める作用も報告されています。[5]

馬軍団が冬虫夏草で記録を出したこともまんざらウソでもないのでしょうか?(ドーピングをしていたらしいですから、どこまで冬虫夏草の効果が出ていたのかはわかりません)

別の研究では、冬虫夏草を服用することで疲れにくくなったり、ストレスを受けにくくなるという報告もされています。[6]

また、直接男性機能に関わる研究としては、冬虫夏草を摂取することで男性ホルモンのテストステロンが増加するという報告もあります。[7]

性機能を向上して持久力を高めるのですから、セックスにおいて絶倫になるための効果が揃っているというわけです。

昔の人は経験から冬虫夏草が精力剤としても優れていることに気づいていたんですね。

冬虫夏草の用量・用法は?

カプセル

伝統的には3~10g以上を煎じて服用するようです。

こんな用量で中国産を使うなんてことは、とてもじゃないですけど無理ですね。1日数万円かかってしまいます。

先に挙げた「冬虫夏草粒」では、用法通りだと1日2~3gの冬虫夏草を摂取することになります。

それで20~30日分使えて定価9,500円なのでかなりリーズナブルです。
冬虫夏草は養殖一択ですね。

冬虫夏草の副作用は?

活性酸素を取り除くイメージ

冬虫夏草はゆっくりと効く生薬で、長期に使用するものです。

長年に渡って中医学で利用されているものなので、過量に摂らない限り副作用の心配はありません。

「冬虫夏草粒」も日本では健康食品であり、副作用の注意もありません。

安心して使える生薬ですね。

まとめ

精力剤を使いたい人のなかには、ED気味で勃起力を上げたい人や、疲れて精力アップしたい人、絶倫になってガンガンセックスした人など、さまざまな理由でいろんな面の効果を期待しますが、冬虫夏草はあらゆるタイプの目的をカバーできる効能を持っているようです。

ただ、ゆっくりと効くタイプなので、セックス直前に精力アップしたい人には向かないでしょう。

日頃から継続して飲んで、体力や性機能を向上しておいて、いつでもセックスに対応できるようにするためのものですね。

参照

1. Tsunoo, A. et al.: Cordyceps Sinensis : its diverse effects on mammals in vitro and in vivo. Third International Symposium of the Mycological Society of Japan,1995.

2. 澤井 保子 : 冬虫夏草エキスの生理活性について. 日本未病システム学会雑誌, 9(1):39-41,2003

3. 真鍋 昇 :  冬虫夏草菌糸体エキスの新効用―血流量増加によるATP量の上昇. 食品工業 44 : 93, 2001.

4. Manabe, N. et al.: Effects of mycelial extract of cultured Cordyceps sinensis on in vivo hepatic energy metabolism in the mouse. Jpn. J. Pharmacol. 70 : 85-88, 1996

5. Hiyoshi, T. et al.: Supplemental effects of Cordyceps sinensis extract on long distance runners. Proceedings of the International Meeting of Sports Science Commemorating the 1998 Winter Olympics in Nagano, pp.205-210, 1998.

6.  Koh JH, et al Antifatigue and antistress effect of the hot-water fraction from mycelia of Cordyceps sinensis . Biol Pharm Bull. (2003)

7. Chang Y, et al Effect of Cordyceps militaris supplementation on sperm production, sperm motility and hormones in Sprague-Dawley rats . Am J Chin Med. (2008)