テストステロン療法をして薄毛が気になる男性

 

昔からよく、男性ホルモンはヒゲや体毛を濃くし、女性ホルモンは髪の毛にプラスの作用を持つと言われてきました。

そのことからイメージで、男性ホルモンは女性ホルモンと対照的に、髪の毛に対してマイナスの作用があるように思われていますが実際のところはどうなのでしょう。

 

テストステロンでハゲになるわけではない

実はテストステロンが多いからといって男性型脱毛症(AGA)になるというデータはないのです。

もしそうなら、テストステロン値が一番高い20歳前後の男性がもっとAGAになっていないとおかしいです。

テストステロンは精巣や毛根の細胞において、5α還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのですが、このDHTに関しては脱毛を起こす作用があることがわかっています。

テストステロンをDHTに変える5α還元酵素の力には個人差があるので、同じテストステロン値であってもハゲる人とハゲない人がいるのです。

AGA治療薬として有名なフィナステリドは、この5α還元酵素を抑制することで効果を発揮するのです。

もちろん、テストステロンが増えればDHTも増えますのでAGAになる確率も高くなります。

 

エストラジオールの減少が原因?

一方で、もともとテストステロンが低い人にテストステロン補充療法を行っても、髪の毛に悪影響を与えることはあまりないと言われています。

男性の体内においても、テストステロンを変換して女性ホルモンのエストラジオールが作られており、その量はテストステロンの半分くらいあります。

発毛の促進抜け毛を抑える働きのあるエストラジオールは、加齢にともなってテストステロン同様に減少しますので、AGAに関係している可能性があります。

結局DHT以外、AGAの原因はまだはっきりとはわかっておらず、断定的なことは言えません。

しかし、テストステロン値が下がってしまっている人に、テストステロン補充療法をしたからといって脱毛が進むことはないようです。

今のところ、精力をアップさせることでハゲるという心配はあまりない、と考えて良いのではないでしょうか。

「自分の髪の将来がとても心配・・。」という方に

追記:精力アップとともに管理人のハゲが進んだ!?

上に書いたように、科学的にはテストステロンが直接、ハゲを悪化させるという報告はなく、それに従ってこの記事を書きました。

しか~し、最近、精力アップして性欲アップにセックス回数アップした管理人の頭髪が薄くなってきていることを報告します。

もともと、ハゲではないのですが、全体に薄いため数年前からフィナステリドを服用して髪の毛はだいぶ濃くなってきていたのです。

しかし、今年に入って精力アップに励み、シアリスジェネリックやメイルナイトロ、そして今は龍虎宝で性欲がブーストしてから(この歳で週2回セックスしてます)、また髪が薄くなってきています。

もちろん歳のせいということも考えられるのですが、いったん濃くなっていたのがこの数ヶ月で元の木阿弥になったことを考えると、テストステロンが増えてハゲてしまったことも十分考えられます。

なので、ハゲが気になる方は精力アップすると、そういうデメリットも起こりうることを心に止めておいてください。

 

管理人管理人

管理人はハゲたって精力アップは止めません!
もっと性欲増してガンガンセックスするぞ!(涙)

「自分の髪の将来がとても心配・・。」という方に

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます