ED治療薬の禁忌のイメージ

ネットでバイアグラなどのED治療薬の情報を調べると、死亡事故や心臓に負担がかかるなど怖い情報がたくさん出てきます。

せっかくEDを治そうと決心していた人も、そんな情報を目にしてあきらめてしまった人も多いかもしれませんね。

でもED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスは、正しい使用をすれば安全な薬です。海外で開発された薬ですが、日本においても十分な安全性のデータがあります。

ネットではちょっと煽り過ぎの気がします。海外の偽薬を掴まされたり、過剰な量を服用したりしなければ、ほとんどの人が安全に使うことができます。

とは言っても、禁忌を守らなかった場合は重大な結果を招きますので、使用上の注意を熟知しておくことは非常に大事です。

禁忌:絶対に飲んではいけないケース

禁忌とは、該当する人は絶対に飲んではいけないという警告です。

ED治療薬に限らず、医薬品の禁忌を守らないと重大な副作用が出る危険があり、最悪、死に至ることがあります。

以下の項目に当てはまる人は絶対に飲んではいけません。

怪しいサプリメントにバイアグラなどの成分が含まれている場合もありますので、中国製の精力剤など素性のしれない製品には要注意です。

硝酸薬あるいはNO(一酸化窒素)供与剤を使用中の人

一番気をつけないといけないのは、ニトログリセリンのような狭心症や心不全で使用する硝酸薬あるいはNO(一酸化窒素)供与剤との併用です。

重大事故の原因としてよく挙げられています。

PDE5阻害薬の血管を拡張する作用が強められて、危険なレベルに血圧が下がります。

PDE5阻害薬での死亡例はほとんどがこのケースです。

心臓に問題がある人

性行為そのものが心臓へのリスクを伴います。

PDE5阻害薬そのものの有害作用と言うより、心臓の問題で性行為が不適当な人に処方しないという考えです。

重度の肝機能障害がある人

PDE5阻害薬はどれも、重度の肝機能障害がある患者への投与を禁じています。

低血圧、あるいはコントロール不良の高血圧や不整脈がある人

過度の血圧低下の危険があるためこれらに当てはまる人は服用できません。

バルデナフィル(レビトラ)に関してはコントロールできていても、不整脈の種類や服用中の不整脈薬の種類によっては使用禁忌になります。

タダラフィル(シアリス)は不整脈で使用は制限されません。

脳出血・脳梗塞・心筋梗塞などを起こして時間が経っていない人

発症後の禁忌になる期間はPDE5阻害薬の種類によって変わります。

タダラフィルは狭心症でも禁忌になることがあります。

特定の薬を使用中の人(硝酸薬以外で)

肺高血圧症治療薬、抗エイズ薬、抗真菌薬などを使用中の人は服用できません。

どの薬が併用できないかはED治療薬の種類により変わります。

網膜色素変性症の人

PDEの遺伝的異常が認められる場合があるため使用禁忌とされています。

透析をしている人

バルデナフィルのみ透析患者の使用が禁忌になっています。

条件や併用薬で用量の減量が必要

CYP3A4阻害薬、抗エイズ薬(バルデナフィルは禁忌)、抗真菌薬(バルデナフィルは禁忌)、腎機能障害、肝機能障害、α遮断薬、降圧剤、アルコール、年齢65歳以上、これらの条件に当てはまる場合は、投与量の減量が必要です。

持続勃起症の発症に注意

禁忌とは別に副作用として、ごくまれですが、PDE5阻害薬の服用により持続勃起症が起こることがあります。

これは痛いくらいの勃起状態が治まらずに4時間以上続いている状態をいいます。

放っておくと血行障害により、ペニスに回復不能な障害が出る危険があります。

もし起こった場合は、早急に病院での治療を受ける必要があります。

医薬品医療機器総合機構の副作用情報によれば、PDE5阻害薬が日本で発売されてから、現在までで数名の報告があります。

まとめ

安全性が高いといっても、れっきとした医薬品ですから正しい使用を心がけないと思わぬ事故を起こしてしまいます。

しっかりと正しい使用法と禁忌のケースを把握して利用してください。

これからの人生を楽しむためのものなのに、人生を終わらせていては洒落になりませんよ。

PDE5阻害薬は安全な薬ですが、あなたが使用に問題がないかどうかは医師の診断が必要です。飲み合わせや用量の決定など詳しくは医師にお尋ねください。

ED治療薬にまだ頼りたくない人は精力剤から始めてはどうでしょう?

ED治療薬でギンギンになりたい人はこちら
↓   ↓   ↓

この記事を読めばムスコがさらに硬くなります

この記事を読めばムスコが眠りから覚めます